在宅医療への取り組み

在宅医療・介護に関して、薬剤師の活躍はあまり認識されていません。しかし、薬剤師が在宅医療に関与することで「質の高い医療」を患者様に提供することができます。

在宅医療における薬剤師の役割は、患者様が「安全かつ安心して薬剤を服用できること」が第一です。そして、患者様の病状、ADL(日常生活動作)そしてQOL(生活の質)の改善もしくは維持をめざします。在宅医療で薬剤師のできることは、大きく分けて2つあります。1つは服薬状況が悪い場合、その理由を探り改善のための対策を行う服薬支援です。もう1つは、薬の効果がしっかり出ているのか確認すること、薬の副作用が起きていないのかアセスメントすることです。

リフレ調剤薬局では、患者様の薬に対する不安や疑問にお答えし安心と安全を提供するため、日々在宅医療に取り組んでいます。


在宅訪問サービスとは

在宅訪問サービスとは、医師の指示のもとに患者様のご自宅やご入居先に薬剤師が訪問し、薬剤管理を行うことです。服薬に関するご相談に応じるほか、体調や副作用のチェック、残薬などを調整します。

お薬の説明・飲み合わせの確認

処方されたお薬の飲み方や使い方、副作用などを詳しく説明いたします。
また他の病院からもらっているお薬や市販薬、健康食品などとの組み合わせも確認いたします。


患者様の服薬状況の確認

患者様の服薬状況の確認

患者様の服薬状況・お薬による体調変化・お薬による副作用などを確認し、必要に応じて主治医や看護師、ケアマネージャーと連携を図り、患者様のQOL向上に努めます。また、飲み残したお薬があれば、無駄なく活用できるよう調整いたします。

患者様に応じた服薬サポート

患者様に応じた服薬サポート

お薬の飲み忘れや飲み間違いのある患者様については、患者様に応じてお薬カレンダーなどを活用し、お薬を飲む時間ごとにセットして飲み忘れの防止や介護する方の負担を軽減します。また、お薬を安全に服用いただくため、お薬の管理方法についてもアドバイスさせていただきます。

お薬の提案

必要に応じて服薬しやすい剤形への変更をご提案いたします。例えば、大きな薬を飲みやすくするための剤形変更(錠剤・カプセル→粉薬・液剤、または粉砕)や、薬を飲みこめない患者様への服薬方法(簡易懸濁など)を医師にご提案いたします。また、服用タイミングごとに薬をまとめる(一包化)などもご提案いたします。


ご利用までの流れ

~ 薬剤師の在宅訪問サービスを利用するには ~


①ご相談、ご説明

まずは薬局にご相談下さい。訪問までの流れをご説明させていただきます。


②同意

医師から訪問指示が出た後、患者様のご意向を確認させていただきます。


③ご訪問・服薬サポート

医師の処方せんをもとに調剤を行い、

薬剤管理や服薬指導をさせていただきます。


④情報提供・連携

医師や看護師、ケアマネジャーと連携して薬剤管理をさせていただきます。



料金

下記の費用で薬剤師の在宅訪問サービスを承っております。現在利用されている保険やお住いの状況等により、費用が変わります。

単一建物診療患者数介護保険ご利用の方
(1割負担の場合 訪問1回につき)
医療保険ご利用の方
(1割負担の場合 訪問1回につき)
1人509円650円
2~9人377円
320円
10人以上345円290円

※介護保険:居宅療養管理指導費
※医療保険:在宅患者訪問薬剤管理指導料
※麻薬管理が必要な方は、上記に100円(2割負担の場合は200円)が加算されます。
※薬局からの距離により交通費が別途かかります。

在宅訪問サービスのお問い合わせ

お薬のことでお困りの患者様、ご家族様、施設担当者様、ケアマネージャー様

薬剤師の在宅訪問サービスを活用することで、自宅で療養する患者様がより安心してお薬を服薬することができます。また、服用する薬の種類が多く、どの薬をどのタイミングで飲んだら良いのか分からずに困っている患者様には、薬剤師が薬の管理方法をサポートいたします。毎日の服薬に不安を抱えている患者様・ご家族様は、お気軽にお問い合わせください。
薬剤師の在宅訪問サービスのご質問・お問い合わせはメールまたはお電話にて承ります。

 お問合せフォームはこちら